CLOSE
07012023
Category: 屋外広告物 スタッフブログ

「屋外広告の日」過去の標語とポスターまとめ

「屋外広告の日」過去の標語とポスターまとめ

「屋外広告の日」に関連して行われるキャンペーン標語とキャンペーンポスターの公募について、過去の作品を集めてみました!
受賞経験のあるデザイナーのインタビューも行いましたので、これから応募される方の参考になれば幸いです。

「屋外広告の日」とは?

屋外広告のイメージ写真

毎年9月10日は「屋外広告の日」です。
今から50年前の1973年9月10日、屋外広告業者にとって馴染み深い「屋外広告物法」の一部改正案が国会で成立し、法律に「屋外広告業」が明確に定義された日として、1974年に(一社)日本屋外広告業団体連合会が制定しました。
以来、毎年9月10日は「屋外広告の日」として、屋外広告業のPRを目的としたキャンペーンやイベント等が全国で行われています。

一般社団法人 日本屋外広告業団体連合会(日広連)とは

(一社)日本屋外広告業団体連合会は1958年に発足した業界団体で、屋外広告業界では「日広連(にっこうれん)」と呼ばれています。看板、広告板、ネオンサイン等の屋内外広告物の製作掲出に携わる企業によって都道府県ごとに組織され、2022年現在で2,889事業所が加盟しています。
屋外広告物法に基づく「屋外広告士」試験の実施、サインデザイン専門誌「signs」の出版、機関紙「日広連」の発行のほか、近年、経年劣化による屋外広告物の落下等を未然防止するため(公社)日本サイン協会と共催で屋外広告物点検技能講習を開催するなど、屋外広告業界の発展のための様々な取り組みを行っています。

 

屋外広告の日
キャンペーン標語とは

屋外広告の日キャンペーン標語タイトル

「屋外広告の日」を広く周知し、屋外広告への関心を高めるためのキャンペーンとして、毎年その年の「屋外広告の日」の標語を一般から募集しています。2022年には1322件の応募があり、入選1点(賞金5万円)、佳作4点(賞金1万円)が選ばれました。

キャンペーン標語 過去の入選作品一覧

  • 第1回 (1974年)屋外広告は あなたの生活の 道しるべ
  • 第2回 (1975年)屋外広告は 生活と文化の パイオニア
  • 第3回 (1976年)屋外広告は 明るい生活の アドバイザー
  • 第4回 (1977年)屋外広告で 拓く明るい 都市づくり
  • 第5回 (1978年)屋外広告は あしたの社会に 奉仕する
  • 第6回 (1979年)屋外広告で 築く明るい わが国土
  • 第7回 (1980年)昼も夜も 街を生き生き 屋外広告
  • 第8回 (1981年)屋外広告は 街のうるおい 生活の指針
  • 第9回 (1982年)屋外広告は 活きづく都市の バロメーター
  • 第10回 (1983年)都市がひかる くらしが生きる 屋外広告
  • 第11回 (1984年)情報を くらしに伝える 屋外広告
  • 第12回 (1985年)情報と 都市美を担う 屋外広告
  • 第13回 (1986年)屋外広告で 語ろう真実 果たそう使命
  • 第14回 (1987年)確かな情報 正しい伝達 屋外広告
  • 第15回 (1988年)屋外広告が 創る都市美と 心の輪
  • 第16回 (1989年)21 世紀 サインが築く 都市文化
  • 第17回 (1990年)都市環境の 調和をめざす 屋外広告
  • 第18回 (1991年)街・人・心 ふれあうメディア 屋外広告
  • 第19回 (1992年)屋外広告で 築く輝く 未来都市
  • 第20回 (1993年)屋外広告は 心に微笑む 街の顔
  • 第21回 (1994年)夢あるサイン 心豊かな 街づくり
  • 第22回 (1995年)好きです この街 あのサイン
  • 第23回 (1996年)いいサイン きっといい街 いい出会い
  • 第24回 (1997年)新世紀 サインとともに 伸びる街
  • 第25回 (1998年)創り出す 新たな都市美 サインから
  • 第26回 (1999年)サインから すてきな夢の 街づくり
  • 第27回 (2000年)感じるね 街の息吹を サインから
  • 第28回 (2001年)生きてるね サインは街の エネルギー
  • 第29回 (2002年)景観に 命吹き込む いいサイン
  • 第30回 (2003年)景観と 活力になう 屋外広告
  • 第31回 (2004年)いいサイン 街に人呼ぶ 活気呼ぶ
  • 第32回 (2005年)屋外広告 くらしに活きてる 活かしてる
  • 第33回 (2006年)景観は 街とサインの シンフォニー
  • 第34回 (2007年)景観と 暮らしつなげる 屋外広告
  • 第35回 (2008年)わが街の 元気生み出す 屋外広告
  • 第36回 (2009年)街並みに 夢と活力 生むサイン
  • 第37回 (2010年)活気ある 街並み創る 屋外広告
  • 第38回 (2011年)屋外広告 元気な街の 応援団
  • 第39回 (2012年)美しい 都市景観を 生むサイン
  • 第40回 (2013年)夢・ロマン 感じる街に いいサイン
  • 第41回 (2014年)愛されて 街に息づく 良いサイン
  • 第42回 (2015年)いきいきと サインが彩る 人と街
  • 第43回 (2016年)サインで つながる ひととまち
  • 第44回 (2017年)美しい サインに誘われ 歩くまち
  • 第45回 (2018年)変わりゆく 人や未来を 照らすサイン
  • 第46回 (2019年)活気ある サインが街に 人を呼ぶ
  • 第47回 (2020年)地図にない 記憶に残る あのサイン
  • 第48回 (2021年)ニッポンに サインで活気 取り戻す
  • 第49回 (2022年)これからも サインは街の 応援団
  • 第50回 (2023年)街にサイン 人が心が 動き出す

情報提供:(一社)日本屋外広告業団体連合会

 

屋外広告の日
キャンペーンポスター

屋外広告の日キャンペーンポスタータイトル

その年に入選した標語をテーマにしたポスターデザインを募集しています。
デザイン内にその年の標語および「9月10日 屋外広告の日」「9月1日~10日 屋外広告物適正化旬間」を記載する必要があります。1人3点まで応募可能です。
入選した作品(1点)には褒賞20万円が贈られます。また、作品は実際にポスターになり全国に配布・掲示されるほか、各種広報にも活用されます。

キャンペーンポスター 過去の入選作品一覧

第1回(1974年)

第2回(1975年)

第3回(1976年)

第4回(1977年)

第5回(1978年)

第6回(1979年)

第7回(1980年)

第8回(1981年)

第9回(1982年)

第10回(1983年)

第11回(1984年)

第12回(1985年)

第13回(1986年)

第14回(1987年)

第15回(1988年)

第16回(1989年)

第17回(1990年)

第18回(1991年)

第19回(1992年)

第20回(1993年)

第21回(1994年)

第22回(1995年)

第23回(1996年)

第24回(1997年)

第25回(1998年)

第26回(1999年)

第27回(2000年)

第28回(2001年)

第29回(2002年)

第30回(2003年)

第31回(2004年)

第32回(2005年)

第33回(2006年)

第34回(2007年)

第35回(2008年)

第36回(2009年)

第37回(2010年)

第38回(2011年)

第39回(2012年)

第40回(2013年)

第41回(2014年)

第42回(2015年)

第43回(2016年)

第44回(2017年)

第45回(2018年)

第46回(2019年)

第47回(2020年)

第48回(2021年)

第49回(2022年)

第50回(2023年)

画像提供:(一社)日本屋外広告業団体連合会
一部、デザインの下1/6程度が空欄になっているものがありますが、主催者名や後援団体名等を表示するためのスペースです。

 

屋外広告の日
ポスターデザイン受賞者に聞くデザインのポイント

当社には屋外広告の日ポスターデザインで入選を果たしたデザイナーが複数名在籍しています
デザイン制作についてインタビューしてみましょう!

第36回(2009年)入選

第39回(2012年)入選

第41回(2014年)入選

Q.自己紹介をお願いします!

デザイナーの小嶋です。第39回(2012年)と、第41回(2014年)のポスターで入選をいただきました。佳作にも何度か選出されています。かれこれ20年ほどポスターコンテストに参加させていただいております。

Q.どのようにデザインを制作していますか?

まずは標語からイメージを連想させて手描きでラフ案を作成します。いくつか案を出して、これで行ってみよう!と思う案をMacで清書していく流れです。デザインに使うアプリはAdobe IllustratorとPhotoshopです。
通常業務の合間で進めていくため、ラフから完成まで数日かけて制作しています。

Q.デザインにおけるポイントはありますか?

その年の標語に沿ったビジュアルをストレートに表現することがポイントです。
近年のデザインのトレンドはフラットデザインで、立体感の少ない平坦なデザインが好まれる傾向にあります。流行を取り入れつつ、新しいグラフィックの表現手法に挑戦したり、より現代風のタイポグラフィーの選定等を行っています。
一人でも多くの人に「屋外広告の日」をPRできたらと毎年デザインを試行錯誤しているんですが、最近は入選から遠ざかっています・・・。

Q.これから公募に参加される方に向けてアドバイスなどありますか?

屋外広告に馴染みがない方は、まずは標語コンテストに参加してみるのが良いと思います。標語を考える中で屋外広告への理解が深まると思います。この記事にまとまっている過去の作品を参考に、これまでに無い新しい標語を考えてみてください!
ポスターコンテストは標語をうまく表現したデザインであることはもちろん、幅広い世代に受け入れられるようなデザインにすることが大事だと考えています。入選して全国で掲示された際に「屋外広告の日」が広く認知されるように、目を引くデザインを考えてみましょう!賞金目指してがんばりましょう!

 

コンテストだけじゃない!
「屋外広告の日」関連活動をご紹介

屋外広告の日関連活動・イベントタイトル

屋外広告物適正化旬間(国土交通省)

毎年9月1日から10日は、国土交通省によって設定された「屋外広告物適正化旬間」です。
企業や国民に対して屋外広告物の適正管理についての意識啓発を図るため、違反広告物のパトロール、屋外広告物に関する講演会、啓発ポスターの展示など、全国各地でさまざまな取り組みが行われています。

  • 公共看板の寄贈・改修
  • 安全対策パトロール
  • 屋外広告物の安全点検
  • 違反広告物の除去
  • 公共看板の清掃・遊具の塗り替え
  • 「屋外広告の日」キャンペーン広告の掲出
  • 各種コンクール開催 など

当社社員も名古屋市との官民連携の違反広告物除去活動に参加しています。


活動の様子は当社青年部のブログでも紹介しております。

サイン&ディスプレイショウ(東京屋外広告美術協同組合)

屋外広告の製作・施工に必要な資材・素材・加工機器・工作車両など、サイン&ディスプレイ業界に関連するあらゆる商品が一堂に会する展示会。2022年は9月1日から3日までの3日間、東京ビッグサイトで開催され、延べ11,455名が来場しました。

2023年は10月12日(木)から14日(土)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されるそうです。
サイン&ディスプレイショウには私も何度か足を運んだことがありますが、サイン業界の方なら胸が躍ること間違いなしの展示会ですよ!


公式サイトより引用。バナークリックで公式サイトへリンクします。

 

まとめ

今回は「屋外広告の日」のキャンペーン標語とキャンペーンポスターの作品を集めてみました。
標語は直近10年間「サイン」というキーワードが入っていたり、その年の社会情勢が反映された作品もあることがわかりました。
ポスターデザインは加盟企業のデザイナーが趣向を凝らしていて、毎年違うテイストで面白いですね!
街づくりに欠かせない看板・サイン業者で組織されている日広連のこれからの活動にも注目です。
以上、まとめでした!

【追記】ポスターコンテスト入選しました!

第50回(2023年)のキャンペーンポスターコンテストにて、当社デザイナーの作品が入選いたしました!
また、佳作3点のうち2点も当社デザイナーの作品が選出!おめでとうございます!

第50回(2023年)